BLACKMOON PLATFORMがついに始動。認証申請に挑戦してみました。

暗号通貨で投資できる感じのICO案件、BLACKMOON CRYPTO改めBLACKMOON。
3月末、ついにプラットフォームが公開されました。

というわけで遅ればせながら登録および認証の申請をしてみました。
登録されるかはわかりませんが……。

ところで以前に書いた記事の通り、日本人はアセットトークンを購入して直接投資することができません。
しかし、CC(継続的貢献者)という投資案件の外部協力要員になることでBMCのリターンを得られる可能性があります。



登録

まず登録はメールアドレスとパスワード、そのほか氏名や国籍などを求められます。
その後、届いたメールのリンクを踏むことで認証され、ログインできるようになります。

これはもはやお馴染みの工程ですね。

認証申請

登録が完了すると、これ見よがしにプロフィールのところに『NOT VERIFIED』とか書かれていました。
というわけで、続いて認証に挑戦してみます。

PHONE

まずは電話番号のSMS認証があります。
これはするっと入力。
念のため補足しておくと、頭の0を81に置き換えたものを入力する感じです。

(例)
090-XXXX-YYYY8190-XXXX-YYYY

RESIDENCE

次に、正確な住所などの入力。
入力欄がCityとAddressの2つしかありませんが適当に埋めればいいんじゃないかな(適当)。
うっかりローマ字で入力してしまったんですが、提出する書類の画像に合わせた方がいいみたいな話も聞きますね。
ダメだったらいろいろ試行錯誤してみます。

ところで、Tax Identification Numberなるものを求められました。
納税者番号ということですが、日本では個人にはそんなものありません。
入力必須なので、適当にマイナンバーとかを入れました。

UPLOAD DOCUMENTS

そして次。
IDENTITYとUTILITY BILL / BANK STATEMENTの写真提出。

IDENTITYの方はパスポートか免許を提示しておけばよさそうです。
必要な情報は、写真、フルネーム、生年月日、有効期限、書類番号。
免許なら問題ないですね。

UTILITY BILL〜の方は、GOOGLE先生もよく聞かれてるみたいでサジェストが出てきました。

公共料金の請求書か銀行取引明細書とのこと。
必要な情報はフルネーム、現住所、発行日(3ヶ月以内)、発行機関(ただし銀行か公益事業会社か政府組織であること)。

ちょうど1月末ごろに分割払いのために発行してもらった住民税の請求書があったのでそれを使いました。

さて、いけるかな。

INVESTABILITY

投資する人。
PERSONかCOMPANYを選びます。
PERSONを選ぶと、さらに細かい選択が求められます。

  • あなたの財務知識および財務への関連性を教えてください
    • 関連する職業の経験がある、または現在就いている
    • 財務、経済、およびそれに関連する分野の学士、マスター、博士である
    • トレードのコースやセミナーを経験している
    • 財務知識は一切ない

0か1かみたいな質問ですね。
一応、勝率はさておきトレードの知識も経験もあるということで3つ目を選んでおくことにします。

  • 投資経験は?
    • 株式および債券
    • 上場あるいは店頭のデリバティブ/ストラクチャード商品
    • インデックスや投資信託
    • 暗号通貨、ICO、トークンセール

それぞれの投資年数を聞かれます。
4以外は未経験です。

  • BLACKMOONで投資する最大の目的は?
    • 短期の利益を狙う
    • いくらかの収入を増やす
    • 将来に備える(養育費や老後のため)
    • 大きな買い物に備える

大きな買い物を狙っているわけですが、そのあとリタイアすることも視野に入れているので3ですかね。

  • 許容するリスク
    • 年間でどれだけの金額をBLACKMOONに回すことができますか?
    • あなたが期待するリスクおよびリターンはどれですか?

上の質問は10000ドル刻みで投資予定の金額を選びます。
下の質問はリターン25%~5%とロス10%~2%の4段階の中から選びます。

  • 資産状況
    • 主要な収入は何ですか?
    • あなたの職業の業界は何ですか?
    • 年収は?
    • 手取りは?

そのまま答えます。
無職だとなんか差し障りがありそうなので、社畜補正をかけておきました。

登録完了。

enter image description here

謎の画像とともに申請完了のメッセージが出力されました。
BLACKMOONに連れていかれるのでしょうか。

表示されたメッセージを読むと、よくある『投資は自己責任です』的なメッセージと一緒に、こんな一文が。

Based on the information provided by you, these products are not appropriate for your profile.
(いただいた情報から判断するに、我々の商品はお客様にはお勧めできません)

貧乏人は帰れってことですね。

大丈夫です、日本人なので。
アセットトークンは買えないので。

投資案件を見てみる

すでにSHOWCASEとしていくつか表示されてました。

enter image description here

SPYとEEMはインデックスファンドで、PRIME MERIDIANというのは不動産投資みたいですね。
現在でも暗号通貨で株を買えたりしますし、それのインデックスファンド版、不動産投資版と考えればよさそうです。

ちなみに、SPYはBMxSPYトークン、EEMはBMxEEMトークン、PMRはBMxPMRトークン……なるほど。

トークンの予約は4月開始予定、CC(継続的貢献者)の登録は近日公開とのこと。

価格は?

さて、そんなわけでとうとう具体的なものが出てきたBLACKMOON。

トークンの価格が気になるところですが……

enter image description here

うーん……微増……?
一応ここ1ヶ月で見ると、プラットフォームの発表があった3/30ごろから最高値を付けてはいるようです。

CCショックまでの盛り上がりが脳裏に残っている状態だからか、どうにもいまいち上がってないと感じてしまいます。
ICOの価格くらいまでは戻ってほしいところですが……。

今後主要コインの値段も回復すれば、連動して回復すると期待したいところです。

0 件のコメント :

コメントを投稿

スーパーいいね!ボタン