【HYIP】footballchangeに乗ってみました。FexFundの中の人が絡んでる?らしいよ?

enter image description here

最近元本に到達した瞬間に引き出せなくなるというHYIPの厳しさにさらされているアルパカです。
そんななか、7月末にBTC-eのビットコイン盗難の影響で飛んだ(ということになっている)、みんなの心をいまもつかんで離さない(中毒ともいう)伝説のHYIPの中の人が絡んだ案件がありました。

というか、それを紹介してる人がいましたので速攻登録してみました。

footballchange(フットボールチェンジ)

見つけたはこのブログ。

新HYIP♦️footballchange|マネー猫さんの仮想通貨パタパタ日記

いやまあ、もう文体とかタグとかでお察しくださいって感じなんですけど。

それは良くて。

例によって、記事を見るとだいたい書いてあるんですけど、それだけだとあれなので自分なりに紹介してみます。

前のやつと逆!

高配当元本償却と逆の、低配当元本返却型です。
ただし実質の日利では若干低くなっている程度で、あまり変わらないです。

また、最低入金額が0.0125BTCからと高めです。
USDでも50USDからと、だいたい6000円くらいを要求されます。
少額からの入金が多い最近のHYIPと比べると異質ですね。

低配当と最低入金額の高さを見ていると、前回でよっぽど「少額でしか回さない人」「複利でぐるぐる回す人」の多さに嫌気がさしたのかな……?
なんて思ってしまいました。ごめんよ。

Junior(中坊)、Youngster(若造)、Professional(Professional)という利率の違う3つのプランがあります。
そこは同じですが、プランの方向性は全て同じです。

日利は3つ合わせると1.0%〜1.6%。
Juniorの1.0%〜1.2%を基本にして、プランが上がるごとに0.2%ずつ上がっていきます。
なんで幅があるのかっていうと、ランダムだからです。

enter image description here

こんな感じで。
理由は知らない。

ちなみに期間は30日、45日、60日。
なので合計すると以下のような感じですね。

  • Juniorは30日で30%〜36%。
  • Youngsterは45日で54%〜64%。
  • Professionalは60日で84%〜96%。

日ごとの配当が低いので、複利でぐるぐる回せない上にFexFund以上の利率の低さ。
これがどういうことを期待させるかというと……いや、やめておきましょう。
いままでにそれで僕が何人も死んでいるので。

選択肢が見やすい!

死ぬほど見づらかった選択状態が、とても見やすくなっています。

逆に心配になるほどですね!

enter image description here

だいたい見ればわかりますかね。
ひとつ補足すると、Processorが外部からの入金になります。
消去法でわかるでしょうけど。

金額を指定するタイプなので、完全に同額を入金しないと自動で反映されません。
間違えたら、送る前ならもう一回INVESTを作成し直してください。
送ってしまった後なら運営に問い合わせましょう。
最低入金額さえクリアしていれば対応してくれることが多いです。

緑!

すでに画像を貼っているのでお気付きかもしれませんが……。
FFは赤でしたが、footballchangeは緑が基調になっています。
次は青かな?

enter image description here

ダッシュボードはもちろん緑。
(ちなみにBTCに切り替えないと自分の投資が表示されません。少し焦るので注意)

enter image description here

中の人のページも個別の紹介こそありませんが緑。

いやー……。
このデザインとかガン無視でテーマカラーでごり押す感じ。

中毒症状ノスタルジーを刺激されますね。

むすび:夢をもう一度……?

なんてことはとても言えませんが。

僕は乗ってみました。
正直、もう6桁とか出す財力は残ってないんで、最低額ですけどね!

登録はこちらから

0 件のコメント :

コメントを投稿